Topics

  • ホーム
  • 医療関係の方へ
  • Topics
研究成果の投稿・発表について(Authorship)

研究全体のデータ解析や投稿は、
主任研究者が中心となって行いますが、研究者あるいは
研究グループ内で 登録した菌株データを自由に解析、
論文発表いただいて構いません。

なお、登録された菌株データ(CSVファイル)は、
WEB調査システムよりダウンロードすることが可能です。
なお、血清型は月に1回の頻度で更新されますのでご注意ください。
詳しくはこちらをご覧ください。


※事後でも構いませんので、発表された原稿または要約を研究事務局まで
ご提出ください。



グループ単位での研究参加

特定の研究グループ単位で本研究に参加し、グループ内で登録された
データをもとに 自由に解析、論文発表いただいて構いません。

例 : 地域におけるIPD発症率を明らかにする


グループ内のデータを相互で閲覧及び
ダウンロードすることもできます。
(グループ代表者のみに閲覧・ダウンロード権限を付与することも可能です。研究グループ機能についてはこちらをご参照ください。)
希望される研究者は、研究事務局までお問い合わせください。



菌株の回収について

院外の細菌検査室で測定されている場合、
外注先の測定機関に伺い、菌株回収させていただくことも可能です。

その場合は、以下研究者にてご対応くださいますようお願い申し上げ
ます。

1) 次の事項を外注先の測定機関のご担当者の方にお伝えください。
 ・本研究に菌株を提出すること
   (研究者にて菌株の特定をお願いします)
 ・検体はLSIメディエンス(旧:三菱化学メディエンス)
  (以下LSI)の担当者が回収に伺うこと
 ・回収時にコールセンターにご連絡いただく必要があること

2) LSI回収担当者は検体回収作業のみとなりますので、マイクロ
  バンクに菌株を移す作業は外注先の測定機関の方あるいは研究者
  にて 実施してください。

3) 菌株回収時には、研究事務局からお送りする専用の伝票が必要
  となります。 測定機関のご担当者の方にお渡しください。

[注意点]
 * 回収場所の明確なご指定がない場合は回収担当者が登録医療
  機関に、お伺いすることになりますのでご注意下さい。
 * 専用の検査伝票がないと回収できません。

ご不明な点がございましたら、研究事務局までお問い合わせください。



ページトップ